旧型の時に作成しています。

                                                           サイトマップ

一般的スプリングマットレスと比較しますと画像でも分るように昔のダサイ三つ折マットって感じですが、これがなかなかの優れ物なのです。現物を見ますとスプリングマットレス(実売四万円以上の...)のような分厚さ、豪華なキルティング、詰物による盛りあがり、重量感とかまったくありません。側生地はツルツルした、ただの生地って感じでどこにでもある三つ折マットそのものですが中身はまったく違います。
表面の凹凸は、かなり硬めで身体を点で支える硬さはあるなって感じですが指で押してへこむ程度の適度の硬さです。
低反発で表面が凹凸(プロファイル加工)の物がありますが低反発のふにゃふにゃ感(売りの低反発力...)では実際簡単に潰れてまったく意味がないのではと思っていましたが、ロマンスエコーの凹凸はかなりシッカリしています。その為、凹凸が寝返りをうつたびに指圧的刺激と身体の接地面と非接地面ができることにより血液の流れがスムーズに行なわれるのかなと感じます。シッカリした凹凸が直接身体に接するマットレスは一般的マットレスでは思い浮びません。
凹凸と柱のあるB層の通気性は抜群で夏は快適、その反面冬は寒く感じますので我が家はムートンシーツ(1万円弱)を敷いて使用、まったく問題ありませんでした。真中のB層はクッション性が十分あり手のひらで押せばそれなりに沈みます。C層はA層の凹凸部分に比べてかなり柔らかく感じます。初めて使って硬すぎと感じた時、冬に寒いと感じた時は「...裏面を慣れるまで使って下さい」とメーカーの説明書にたしか書いてありました。C層も凹凸なのですが柔らかく接地面が多くなりますので暖かくソフトに感じ、それなりに両面使用できるようです。

実際、寝てみますと背骨が下から突き上げられて伸ばされているような感じかなって思います。これは、カマボコ型の山が重力により背骨を伸ばす(円形の筒に背中を乗せると背骨が伸びるのをイメージしてください。表現が的確ではないかもしれませんが...)働きをしているのだろうと感じます。このカマボコ山と山の連続が背骨を伸ばし寝返り効果で伸縮させたりの働きをしているようで一般のマットレスには無い独特の構造(動き)です。その状態で腰の所に指を差し込もうとしても入りませんので、それなりにB層が沈むところは沈んで身体に沿って反応(ポケットコイルのような...)されているのが分ります。
単純でちゃっちな三つ折マットってイメージがありましたが大変優れものなのだと私は感じました。ロマンスエコーに似た品(価格はかなり違いますが...)を一点だけ把握していますが、そちらは施術院、カイロプラクティック院などの業界で正確には分りませんが16年以上の販売実績がある品との事のようです。基本的構造はよく似ていて、どちらも効果が期待できる品と感じます。それ以外にこの構造のマットレスは存在していないと思いますし通常のマットレス(スプリング式、低反発等...)では凹凸とカマボコ山の連続は商品化できないのではと感じます。
当然個人差があり、ここに書いてありますのは全て私の個人的感想です。ご参考にして下さい。
  よくある質問
 

 15年以上腰痛に人気敷布団
 ロマンスエコー  
価格
 
三つ折りで収納も楽々
 我家もロマンスエコーを、3人愛用しています。
   






価格は
こちらから

1