TOP   会社概要   家 具   家具の市場   カーテン   カーテンの市場  腰痛マット  
 カリモク家具SR  木製ブラインド  お支払い(申込み)  


2000年8月頃作成のページです。
                                                 
カーテンの仕立て定価の把握は非常に大事です。
家具とかの定価は当たり前に把握されている様ですが...カーテンの仕立て定価の話になると販売店まかせ、それが正しいのか、どーなのかまったく確認されない方が非常に多く...不思議です。当社に他社で聞いた定価をメールされてくるケースがかなりありますが、約3割は定価が間違えているケースがあります。当社もプロですから...その間違いも作為的に間違えているのか、たまたま価格表を見間違いしたのか、見間違いした事にしているのか、カーテン仕立てサイズも作為的にワンランク上(1cm差で1万円アップはざらです。)の価格になるようなサイズにしているようだなとか、1巾多い仕立て定価にしてたりとか...けっこう分ります。5窓分で厚地とレースで10枚..その個々の仕立て定価を確認せず合計金額と割引き率で購入を決定されている方が多いのには驚きです。仕立て定価は見本帳にもありますし、カーテンメーカーショールムにお電話でも確認できます。メーカーHPのデジタルカタログで確認できるケースも増えています。

当社はお客様が仕立定価を把握されていないとそこから話が進みません。当社から仕立て定価を伝える事はなく、いつも不親切に思われているようですが...本当は大変親切なお話と思うのです。販売店にあんちょこに聞いてそれからカーテンメーカーに確認(ほとんどの方がやられていないのが現状)されるなら、先にメーカーに仕立て定価を確認、把握されて充分ご検討後当社にお問合せ下さい。という考えです。どこの業界でも新聞を騒がせてるような偽り事は当然あります。

仕立定価について

ある意味仕立てサイズも同様です。各会社でサイズの提案はバラバラで特に...ただの問合せ、ただの見積り段階の仕立てサイズは適当なケースが多いと思います。そのサイズがベストなどと自分に都合良く思い違いをされ、それを元に他社にオーダーなどをしてしまえば、最後に泣くのは依頼者だけです。
採寸も各会社で似てるようで違います。サービスで採寸をしてもらい、それを元に他社にオーダーをしたらカーテンが届くまで眠れないのでは?と思います。もちろん採寸してくれた方が責任を負ってくれるのならまだましですが...
 

まず採寸表作成から
採寸のプロの技・・・
カーテンのQ&A

カーテンメーカーの品番確認も大事です。     
メーカーの生地番号を全て自店の品番に変えて、オリジナルと称し定価も割引率も隠して、当店は過剰割引き表示を廃止して大変お買得なオープン価格にしていると意味不明なケースがあります。
この場合はせいぜいメーカー上代の三割〜四割引き(定価設定によっては定価〜1割引)程度の割引と考えます。


生地の割引も大事ですが縫製代もご確認下さい。  ここに...トリックがあります。
通常国産メーカーの縫製代は定価でm2(へいべい)...約1.000円です。例えば5割引でm2...500円(販売価格)です。縫製をやたら強調するお店は、縫製代の販売価格がm2...1.000円〜1.500円を多く見かけます。ちなみに幅200cm×高さ210cmのカーテンで約10m2の生地を使います。この差が大きな金額になり、この場合もせいぜいカーテンメーカー上代の二割〜四割引き(定価設定によっては定価〜1割引)程度の割引と考えます。生地の割引を大きく強調して加工代(縫製代)で利益を大きく確保しあたかもディスカウントの様に表現する方法です。


ちなみに...上記の差が一万円 ( m15.00円と比較して )です。レースを作るとその倍の二万円で、例えば厚地とレースを10窓分やりますと加工代だけの差が実費で20万円(購入価格)となる計算です。窓の大きさ、窓数によって差は上下しますが.....なんにしても へいべい(m)いくらの差がこんな大きな数字になります。 これ以外にカーテンの生地代があります。


標準的縫製レベルですがカーテンメーカー縫製が価格面とクレーム対応面から見ると安心です。メーカーの価格表は、仕立て定価(生地代+縫製代)になっていますので縫製代がどーのとか考える必要はありません。



薦める理由も表と裏があります。

フラットカーテン、1倍ヒダカーテンをメーカーショールームなどで比較的大柄はフラットのほうがキレイに見えると薦められるケースが多いようです。実際、家にカーテンを吊るしますと柄よりも形の方が先、目に入ってきますので期待していたイメージとはかなりかけ離れガッカリされたとの声が多く届きます。メーカーさんになぜ薦めるのと尋ねましたら普通の2倍ヒダだと価格的に高くなってしまいなかなか決まらないので、つい倍率の低いカーテンを薦めてしまうとの事でした。当社もカーテン工事をしていた時によく感じた事は「選びたがるのはプレーンシェード、取付けてまったく反応がないのがプレーンシェード」でした。描いたイメージとかなりのギャップがあるようです。




人気のダブルシェードは、ブラインドメーカーのオーダーシステムを利用...

カーテンメーカーからダブルシェード(他のシェードも同様)を単純に買うのは高い買物になると思います。
カーテンメーカーは、布以外の材料(メカ)は全てブラインドメーカー等から仕入れてシェードを作成します。メカ部分の金額が全体の約7〜8割占めますので、ほとんどが仕入れて販売の形になります。ですからカーテンメーカーからではなくブラインドメーカーにカーテン生地を入れてそのブラインドメーカーのメカで作成したブラインドメーカーのシェードを買った方が結果的には安い例が多いと思います。各ブラインドメーカーのオーダーシステム(各メーカーで表現は違い、あるメーカーはマイプランシステムと表現しています。)
ブラインドメーカーのメカ定価(作成代含む)+カーテンメーカーの生地M数の定価(例えば1m/2.000円×1.3m)=
シェードの定価です。

 
 
 家具  日本ベッド   マットレス  ベッド  壁面収納  腰痛  学習机  フランスベッド   


 家具の市場  シモンズベッド   綾野製作所  柏木工  サンゲツ  ニチベイ  木製ブラインド



おかげさまで
24周年