ベッド以外の家具の引き取り処分について。

古い家具の
引き取り処分は
有料で承りできるメーカーもございます。
 

手続きは?
購入家具のお届け時に、配送業者さんと直接ご契約(引き取り処分)の上、引き取り処分費用を配送業者さんに直接お支払い下さい。尚、引き取り処分ができるできない又、引き取り処分した事によって発生した問題に関して当社は一切責任を負いません。
 

どんな家具でも
引き取りできますか?
引き取り処分を承りできるかは、あくまで配送業者さんの判断に従って頂きます。お客様ができると言われても配送人が、できないと判断した時は承りしません。それが絶対条件となります。
 

引き取り品は、
そのままの位置で?
購入された家具の設置場所は事前に空けておいて下さい。配送人の判断で引き取り処分ができなく、設置場所が空いていない時は、別の場所に購入された家具を、設置するようになってしまいます。※引き取り処分する場合も設置場所は空けて掃除をしておいて下さい。絶対条件です。  

引き取り処分費用は
現場状況と引き取り家具で異なります。
 

事前に費用は
家具と現場を見なければ、引き取りできるかどうかも分かりません。当然金額も分かりません。
 

粗大ゴミに出すのと
費用を比較して
粗大ゴミに出すより、高い費用がかかります。お部屋から出す費用、持ち帰る費用、処分場に持って行く費用、処分してもらう費用、、、考えてもかなりの費用になります。※できれば粗大ゴミに出される事をお勧めします。
 

事前に引き下げの件を、
伝える必要は?
必ず家具のお申込時に当社に伝えて下さい。それ以降は、いかなる理由でも引き取り処分はお断りさせて頂きます。
 

どのメーカーでも
引き取り処分を、承りできないメーカーもございます。